5歳の次男、しゅんと自転車に乗っていた時の出来事です。。

しゅんは、ようやく補助なし自転車に乗れるようになったのですが
まだ不安定な運転なので、私もハラハラしていました。


坂道にさしかかった時、
‟この坂道上れるのかなぁ”
と思いながらも、
‟危ないから自転車から降りようか”
とも言えず。
 
なので坂の上まで漕げるように
 
「しゅんくん、がんばれ~」
 
と言いました。
 
すると、しゅんは一生懸命漕ぎながら
 
「がんばれっていわないで!
 
しゅんくんならできる!! っていって!」
 
と。
その言葉にハッとしました!
 
そういえば、「がんばれ」って言葉は、時と場合によってマイナスな言葉になる、
と思いだしました。
 
頑張ってる人に対して「頑張れ」は
「既に頑張っているのに、これ以上頑張るの?」と思い、
「自分のことをきちんと見てもらっていない」と言う感覚に陥ることもあります。
私もそんな経験があります。
 
私自身、頑張れって言葉は「応援しているよ」という意味で使うので、
決してマイナス言葉ではないのですが、
最近はアドラー心理学の「勇気づけ」が流行っていますよね。
 
今回はそれに当てはめると
「しゅんくんならできる!」は、「信頼」に近いのかな?と思いました。
 
信頼は、
私はあなたを信じています、だから私は全力で応援しています。
みたいな。
 
逆に「がんばれ」はちょっと他人事というか、
「あなたはがんばってね」みたいな、突き放す感じ?!
(あくまでも今回の場合についてです)
 
 
あ、坂道が上れたかどうか気になりますよね(笑)
 
無事、上れました!
 
とーっても自信溢れた顔をしていましたよ照れ
 
今回の件で「がんばれ」の乱用はしないような
気づきを、5歳児から学びました。
 
あと、自分の語彙の少なさにも気づいた出来事でしたガーン
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます!

夫(おうつまくん)のブログはこちらです
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま

スポンサーリンク
シェアボタン
ツイート・シェアなどは大歓迎です!こちらのボタンからどうぞ。
 
全記事リストはこちらです!
スポンサーリンク