「M」project 寺澤 真奈美です。
 
「下流老人」という本はご存知ですか?

昨年発売され、流行語大賞にもノミネートされた、藤田孝典さんの本です。
当時、私はこのセンセーショナルなタイトルの本を買わずにはいられませんでした。


以前から老後について漠然とした不安がありました。
それは私が会社員だった時の給与や雇用形態に大きく関係していると思います。
 
本の内容はもっと深刻で、周りの友人に読むように勧めました。
 
この衝撃的な作品の著者、藤田孝典さんが大阪に来るということで、迷わず参加しました。
講演会の後援は、いつもお世話になっているコープ共済です。
 
講演会は大阪中央公会堂

 
講演会のタイトルは
「日本に広がる貧困 下流老人と貧困世代とは何か」

 
この講演会のもうひとつのタイトルが
「忍び寄る老後崩壊の足音、日本人の9割は他人事ではない!」
です。
 
そうなのです。
全く他人事でないと以前から漠然とした不安があり、「下流老人」という本に出会って、それが確信に変わってしまったのです。
 
不安の要素は、「会社員時代の給与」から換算された「年金定期便」の年金額がとてもじゃありませんが暮らせる額では無いからです。
 
老後のことだけではありません。
会社員時代の給与も、もし母子家庭だったら・・・と考えると、とても生活できる額ではありませんでした。本当に夫には感謝しています。
(私は同年代の半額くらいでした。ちなみに当時の雇用形態は「正社員」です)

 
また、なぜ「母子家庭だったら・・・」の想像をわざわざするのか?
と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、私は一時母子家庭で育ってきたためです。よって、この不安は育ってきた環境によるものなので、想像しないことの方が難しいですあせる
 
このような背景もあるため、私はブログタイトル『 「M」project 』の中には「Money」=ファイナンシャルプランナーも入っています。これから本格的に活動しようと準備中です。




スポンサーリンク

さて、話はだいぶそれました・・・。
 
講演会での藤田さんの第一声
「とても暗い話です」
でしたあせる
 
次に発したのは
「これからの時代はコミュニティがさらに重要になります」
 
「つながりが大事です」
 
「家族、友人、知人、そして今回集まっていただいているコミュニティ、生協もそうです。その中での活動がとても大事になります」
 
ここでのキーワード「つながり」
 
私もようやく気がついた、最も大事なものである「つながり」
 
そこから、藤田さんのお話が始まりました。
 
続きはこちら
衝撃の講演会!「下流老人、日本に広がる貧困」著者:藤田孝典さん~その2~
 
今日もお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま