Mproject 寺澤真奈美です。

ここ2日間は中学校PTAの文化祭お手伝いをしていました。
子どもたちに配るお菓子(ブラウニー)を800個作るミッションです(驚)

作っている間にこんな話を思い出しました。

女性はマルチタスク能力に長けている

以前、ママそらの奥田絵美さんのお話を聞きに行ったときにこんなこと言ってたなーと。(※ママそら=ソーシャルメディアを通じて空の様に広く深く繋がりながら、ママの安心感・笑顔・輝きを応援していく取り組み)

マルチタスクとは、複数作業の同時進行能力と思っていただければ分かりやすいです。

例えば子育てしている方で言うと、家事をしながら、子どもの宿題の音読を聞く・・・みたいな感じでしょうか。

その能力にプラスこれが付きます

「コミュニケーション能力」「耐える力」「生産性UP」です。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんはまだ言葉をしゃべりません。
なので、非言語情報(表情・声の感じなど)で赤ちゃんの情報を汲み取る力が付きます。

そして、子育てってあまり効率的な行動ができませんよね。
泣いてる理由がわからない、なぜか不機嫌、など理不尽な出来事も多いと思います。
それを乗り越える力も付きます。

さらに、限られた時間の中で結果を出そうとする力(時間内生産性効率も上がる)も働きます。

今回の例で言うと、子育て中のお母さんたちはこんな風に日々を過ごしていると想像して頂ければと思います。




スポンサーリンク
その経験を積んだ母軍団がお菓子作りにチャレンジ!

800個のお菓子を包装まで数時間で出来るとは・・・。

ここで母たちのチームワークが発揮しました!

まずコミュニケーション能力を活用し、お互いの役割を確認します。
それから作業に取り掛かるのですが、自然なポジショニングにまとまるのが早い早い。
見知らぬ顔の母たちでも、作業をしながら会話を始めます。
これは互いを知るための行動です。

家事で培われたのか、家事導線が短く、作業効率が抜群に良いのです。
お菓子作りの鉄則の作業順序をすぐに飲み込んでいます。

あるお母さんが「お菓子工場のような作業効率」と言っていましたが、その通りだと思いました。

これぞマルチな能力では!と思いました。

こんな感じに作りました!の写真一部

分量通りに量ってまとめます。

ブラウニーの出来上がりです。これから袋に詰めます。

トリックオアトリート!と言われなくても子どもたちに配りました

中学生となると、照れがあるのか学年によってまるで反応が違うようです。

1年生:きゃーきゃー好反応、まだまだかわいい

2年生:お礼は言うが反応が薄い・・・さすが中二(笑)

3年生:ちょっと大人になったのか、大人対応してくれる

配った大人の格好はハロウィン

軽く変装してクラスに登場しました。
お母さん方はオレンジや黒をまとったハロウィン風

私は「仮面舞踏会」

※私じゃありませんよ、イメージです(分かってるって!?)

PTA会長はミシュランのような格好でした。

驚いた女子が腰を抜かしていたような・・・(笑)

役に立った感が半端ない

昨年は仕事の都合でこういった行事やお手伝いに参加出来ませんでしたが、今年は予定を空けて参加しました。

達成感と言いますか、役に立った感が半端ないです!

長男は私が学校に出入りするのを嫌がると思ってましたが、私をジロジロ見ながらにやけてました。

わー!喜んでるよ!!!

いつもは反抗が激しい長男、でも喜んでくれたのは嬉しいな。

また行っちゃおうっと(*´艸`*)

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま
スポンサーリンク