寺澤真奈美です。

先週の日曜日に素敵な中崎町のカフェ「Salon de AManTO」さんで行われたワークショップに参加しました。

「家計簿をつけても変わらない」
「そもそも家計簿をつけれない」
でも、家計に問題ありそうな(笑)そんなモヤモヤを解決します。

きっと家計管理のハードルが下がるような魅力的なワークショップだろうな、でも一体どんなことをするんだろう?とワクワクしました。

実は17年、家計簿つけてます

実は私、こう見えても17年ほど家計簿を付けてます。
しかも結婚前の同棲時代から夫と共同で(笑)

少々話を脱線しますが、家計簿の1円ズレのために夫から数日前の買い物を聞かれたりした時期もあり、どんぶりだった私と1円単位できっちりしている夫との間には家計簿バトルもあったものです(笑)

それを乗り越えてほどよく適当になり現在に至ります。

話を戻しますが、そんなこんなで家計簿を付けてる私にとってこのワークの展開が楽しみで仕方なかったのです。




スポンサーリンク
家計簿をつけてる人にも効果あるのか?!

そうそう。これが一番気になりました。

もうすでに日々付けているし、私にどんな効果があるんだろう?

これが一番の疑問でしたが一気に吹き飛びました(笑)

効果ありすぎ!レシートワーク!!

「家計簿をつけて満足していませんか?」

「何にいくら使ったか覚えてますか?」

私が使っている家計簿は、分析がめちゃくちゃできます。
月の予算と実績が一覧できるし、過去10年以上の貯蓄額が一目でわかるし、費目ごとの予算対実績がすぐにわかるし・・・
これ以上の優れものはないと自負していたんです。

しかし流れ作業的に家計簿を付けていたので振り返りがない!!

確かに「あー今月はオーバーしちゃったな」と感じるのですが、感じて終わり。

何に使ったかは分かっていなかったのです!!

このレシートワークは、
支出を
・ 消費(生活に必要なもの!)
・ 投資(自己投資など)
・ 浪費(使わなくても問題なかったお金)
に分けて振り返りをするのです。

この手法は有名FPの家計再生コンサルタント横山光昭さんが推奨していることで有名ですね。
他にはFPの八ツ井慶子さんがレシートを利用したワークを執筆しています。

このようなアプローチで家計を見直しする・・・
まさに「目から鱗が落ちる」とはこのことです!

私のレシートワークの結果、聞きたいですか(笑)

「投資」の額が一番多かったですね。
でも、気持ちよく使っているお金なので何の後悔もなく、むしろ「消費」に近い感覚でした。

一方「浪費」に分類されたものは額はそこまでではないのですが、なんだかモヤモヤ・・・(笑)

このワークをして思いました。
家計簿をつけるだけじゃなんの意味もないんだ!と(笑)

これってひとりでやるもの?

一見、1人で出来そうに見えますが・・・。
1人だとへこたれそうです。このワークは仲間が必要だと感じました。
レシートの数が多いので、仲間がいないと辛いです(笑)

そして「自分と向き合う感」が半端ないです。
みんなと一緒にやってますが、心の中の自分と対話しています。

まさに振り返り!!

これは定期的にやる必要があるなーとしみじみ思いました。
仲間と一緒にはさらに楽しい(#^^#)

またやってみようと思います!!

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま
スポンサーリンク