寺澤真奈美です。

期間が空きすぎて(このセリフ多いですね、汗)何から書けばよいのかという感じですが、
急に引っ越しをして驚かれた方や、訳ありっぽくて(笑)理由を聞いてよいのか分からない方もいらっしゃったと思います。

実際お会いした方にしか伝えてませんでしたし、引越の挨拶も含みを込めてFBやLINEでしか載せてませんでしたし。

こうしてようやくブログに書くことができます。

時系列で書いていきたいと思います。

なぜ突然 大阪から東京に引っ越すことになったのか

さかのぼること今年の1月。

まさか大阪を離れるとは全く想定していなかった時期。

仕事が徐々に入り始めた私の活動を応援しながら、会社と家の往復をしていた夫。

ふとしたところから転職の話が舞い込み、悩み始める・・・。

変化をあまり好まない夫に対し「チャンスじゃん」とはっぱをかける活発性の私。

半年前から夫婦ともに大阪での交友関係が激変したこともあり、チャレンジしてみようと前向きになる夫。

こうして動き始めたのでした。




スポンサーリンク
受けたのは1社のみ

とは言っても転職をしたいから動き始めたのではなく、その企業に行きたいからという理由。

その企業を知れば知るほど「行きたい」と思ったようで、早速履歴書を出し晴れて一次面接にこぎつけたのでした。

もし不採用だったら大阪生活は変わらなかっただろうし、私や子供たちの生活もそのままだったであろうと思います。

長男は今年受験生で、大阪の公立高校に行くつもりでしたから。

(次男は卒園・入学を控えていたので彼だけは別ですが)

なぜこんなに急だったのか

実はこんなにバタバタと引っ越したのには大きな理由が。

内定が出る前に「引っ越す可能性がある」と長男の中学校の先生に相談したのです。

すると先生は

「長男くんが居なくなるのは本当にさみしいです。

少しでも長く大阪に居てほしい気持ちはありますが、実際、中3は学校行事が前半に山のようにあります。

始業式から1ヶ月でクラスの結束を固め、その流れで修学旅行、運動会でさらに団結力を高め、受験に臨む・・・

そういったカリキュラムになっています。

なので無理にでも4月の始業式に間に合わせた方が、長男くんのためです。」

一方、入学予定だった大阪の小学校の校長先生も

「手続き上の意味も含めて入学式までに行かれた方が良いと思います。

1ヶ月遅れて転校した場合、春には運動会などの大きな行事もあったり、次男君には大きな負担になるかも知れないので出来ればいかれた方が良いです。」

というわけで、どうにか入学式・始業式に間に合わせたかったので、相当バタバタしてました。




スポンサーリンク
内定が出てからの時系列

採用結果が出たのはなんと3月22日!

入学式・始業式は4月6日。
2週間で家を探して荷物を運び出して、その前に学校の手続きをしないといけません。

頭は相当混乱していました。
(新宿の銀行でスマホを落としてます、見つかりましたが(笑))

3月24日は次男の大事な卒園式。長男は修了式。

3月25日はセミナー主催、翌26日は大事な関西勝間塾仲間との送別会。

夫がブログに書いていましたが、この間に大好きだった夫のお祖母ちゃんも亡くなりました。

東京への家探し、転入手続き、学校の転校手続きを27日~28日の2日間で行いました。

それはそれはかなり強行でしたよ(笑)
ちょっと順番が逆な手続きもあったりで少々ヒヤヒヤしました。

今回は1人で行ったので、家は私が決めてくるという責任重大な任務も課せられました(笑)

(結婚してから3回引っ越してますが住む家を2人で決めたことがない)

ちょっと家賃が予算オーバーでしたが、ちょうど桜が咲きそうだったので、きれいだろうなーと想像を膨らませて契約しちゃいました。

ベランダからの眺め
キレイでしょ(笑)

そんなこんなで突然決まった引越しなので、この繁忙期に引越業者が空いているわけがありません。

荷物の搬入はなんと入学式の日の午後(笑)

入学式の前日は長男が保育園の時からずっとお付き合いさせて頂いている友人宅に泊まらせてもらいました。

こうして東京生活が幕を開けたのです。

引越してから1ヶ月経ちました

みんなに驚かれるのが自宅にはすでにダンボールが全くないということ。

荷物搬入後、3日でぜーんぶ片付きました。

しかもほぼ一人で(笑)

夫は入学式後に一旦大阪に戻り、長年お世話になった職場での引継ぎをしてから4月20日に東京に合流してきました。

長男は小5まで過ごした土地に戻ってきたので精神的には非常によかったと思います。

ただ意外と緊張していたらしく一時不眠症っぽくなってました。(今はぐーすか寝てますよ)

次男が一番ストレス抱えてただろうな、と察します。おねしょが始まってしまったり。

土地勘がないので学校から帰って来れるかヒヤヒヤしてました。

それでも毎日ニコニコして帰ってきますし、担任の先生も相当ケアしてくださってます。ありがたいです。

今月から学童に入れ、また新しい生活が始まったので次男は引き続きケアが必要かなと思います。

というわけで私たちは元気に過ごしてます(#^^#)

写真は入学式に向かう道中のもの

(背中が若干疲れてる!?)

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま
スポンサーリンク