夏休みに入ってから、暑いし長男が気になるしで仕事がはかどらなくなってしまった。
(長男よ、母の言い訳ですまぬ)

スタバには電源やwifiがあるので(wifiはあまり使わず、スマホでテザリングだけど)PC作業をしようと足を運ぶようになった今夏。

大阪時代は梅田に行く機会も多くスタバはいたるところにあった。
むしろ探さなくてもスタバから私の視界に入ってきた感じだったが、こちらの東京多摩地区はそうはいかない。

一生懸命スタバさんを探さねば、あちらからやってくることはない。

今日の投稿は「スタバにハマったおかげで電子マネーについて深く考えさせられた話」です。

素敵な店舗を発見

スタバは都心に行けばいくほど見つかりやすいが、ビルの一角の店舗であることが多い。
せっかく多摩に住んでいるので、ドライブスルー独立店舗を探してみると、自宅から5kmほどの場所にありました。

一戸建てのスタバ!
地元(青梅)以外では、なかなかお目にかかれない!
郊外ってことを物語ってますね(笑)

こんな素敵なスタバなら仕事もはかどるだろうと、テンションが上がって思わず購入した「スタバカード」

先日見た地元の花火のようなイラストにさらにテンションMAX~♬

この勢いが後ほどアダとなりました・・・。

オートチャージ機能をつけてしまった

この花火のスタバカードを1,000円チャージして購入したのですが(カード発行手数料などは無料)

「スタバでドリンクとちょっとした食べ物を購入するとあっという間に1,000円近くいくよなぁ。毎回レジでチャージするの?」

と思い、webで「MyStarbucks」を登録してみました。

お気に入りの店舗情報の登録も出来るし、なんだかVIPなお客さんになった気分。

スタバカードを毎回レジで渡すだけでお金を出さず常連気分を味わっちゃったりして(´∀`*)ウフフ

そんなちっぽけな見栄だけでオートチャージ機能を登録してしまいました。

のちに後悔することになったのですが、気付くまでにはすでに数千円チャージされていました。

スタバばっかりに・・・

カードを持って以来「スタバにいこーっと」と通う日々となりました。

ところが、先日カフェでお茶しようと思った時の事です。

その道にはドトールが手前にあり、スタバが奥の方にありました。

たぶんスタバカードを持っていなければドトールに入ったでしょう。

しかしチャージ残高もあるので迷わずスタバに行きました。

レジでお会計をしてスタバカードの残高が1,000円を切った時に2,000円オートチャージされたのです。
(されたのです!と言っても、自分で設定していたのですがね。これが最低の設定金額なのです)

チャージされた瞬間
「これはもうエンドレスにスタバにだけ通うことになってしまう!!!」
と危機感を感じ、急いでオートチャージ機能を解除しました。

電子マネーは使い慣れていたはずなんですけどね。
Suicaとかもう10年以上も使っているし・・・。

たぶん使い道が「スタバのみ」なのでそこが大きな違いだったのでしょうね。

テンション上がって勢い余ってカード作って、見栄張ってオートチャージにしちゃって、青ざめて解除して・・・。

結果的には良い勉強になりました。

懲りずにまたスタバカードを買った、地域限定カードを

反省したにも関わらず今度はテンションでなく収集心がうずき、大阪に行ったときに「OSAKAスタバカード」を買ってしまいました!

でも今度はオートチャージしてないもんね!(言い訳)

だって友人とお茶するのがスタバだったんだもん!(言い訳)

大阪限定カードだから東京では手に入らないし(言い訳)

とまぁ救いようのない言い訳を並べましたが、だいぶ熱は下がりました。

たぶん最初から私は「OSAKA」が欲しかったんだと思いました。

花火のカードを買った時に「大阪城のカードは大阪にしか売ってないんだー」(遠い目)と思ったくらいですから。

私がスタバカードを買いたかったのは、もしかしたら大阪を懐かしみたかったのかもしれません。

余ったカードはどうしよう

さすがに2枚も要らないので

「メルカリに出品してみたらどうだろう!私みたいに収集心がある人にとっては欲しくてたまらないかも」

と思い、早速メルカリをのぞいたところさすがに値段は安かったですね(メルカリ最低価格300円)。

ただ昨年以前のものや北海道限定のものはそこそこ値段がついており売れてました。

もしかしたら「HANABI 2017」カードの方が長い目で見たら値が付くかもしれません。

「OSAKA」は私が手放す気が今はないので財布に大事にしまっておこうと思います(^_-)-☆

夫(おうつまくん)のブログはこちらです
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま

スポンサーリンク
シェアボタン
ツイート・シェアなどは大歓迎です!こちらのボタンからどうぞ。
 
全記事リストはこちらです!
スポンサーリンク