いよいよ最終章となりました。
締めは「夫を整える」です。

「お金を整える」とは?

お金には通り道があるという前提のもと、散らかりやすい7点に絞って書かれています。

① 財布を整える
② 通帳を整える
③ 冷蔵庫を整える
④ 手帳を整える
⑤ 借金を整える
⑥ お家を整える
⑦ 夫を整える

夫を整える?なんぞや?と思いますよね。私も最初はそう思いました。
ざっくり言うと価値観です。

夫婦の価値観の違いを知る、受け入れる

私と夫の特徴をお話ししたいと思います。

私:浪費家
夫:倹約家

私:食べ物、洋服、美容系に使いたがる
夫:投資や競馬でお金を増やすために使う

これだけ書いても違いますよね。
書けば書くほど共通点が無くなってくるので、ここまでにします(笑)

続きは夫のブログで

一緒に生活し始めた時はそれはそれは価値観が違いすぎて、何度も話し合いました(今もそうですが)。

家計簿が1円ズレているとそれがわかるまで調査する夫、家計簿が2万円ズレていても「ま、いっか」で済ませる私。こんな性格の2人が生活するとどうなるか?

お互い大事にしていることを知らないと、対立するだけです。

今はお互いに譲歩し合って、家計簿に関しては夫は1円のズレは気にしなくなりましたし、私の2万円のズレは無くなりましたし、共同で生活するってそういうことかなと思います。

何が好きで、何を大切にしていて、それをながーーーい期間かけて知っていくのです。それにはやっぱりコミュニケーションが必要だと思います。

現在、夫は「おうつま」という名前で、「妻を応援する夫のブログ「応妻」」を書いていますが、そうなるまでにもやっぱり色々ありました。

お互いわだかまりが残らないように、すっきりするまで話し合う。これに尽きるのではないでしょうか。

そしてお互いの違いを認める。受け入れる。みんな違ってみんないい、です。

それは夫婦だけでなく、親子でも同じことが言えると思います。

「夫婦を整える」は本の最終章に

この内容を最終章に持ってくるということは、著者の市居愛さんももしかしたらこの部分がすっごく大事だと思っているのかな?と思いました。(ご本人にお伺いしてみよう)

人とのかかわりは人生で欠かせない部分ですし、他の章はモノでしたが、この章だけ人ですからね!

人間関係が整えば、心も豊かになるし、大きく膨らんだ豊かな心には余白ができる。

そこに新しい希望や夢を積んで、明日に向かって進んでいくようなイメージ。

書いていたら心が穏やかになってきました(笑) とっても勉強になりました。

素敵な本を書いてくださった市居愛さん、ありがとうございました。

「お金を整える」他の「整える」はこちら

1.財布を整える
2.通帳を整える
3.冷蔵庫を整える
4.手帳を整える
5.借金を整える
6.お家を整える
7.夫を整える

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま
スポンサーリンク