先日、ニュースでも話題になった吉野家の牛丼に長蛇の列。

なぜこのような行列ができたかご存知でしょうか。

「スーパーフライデー」で牛丼がもらえるからです。

スーパーフライデーとは

ソフトバンクスマホユーザーが毎週金曜日にタダでサービスが受けられるキャンペーンです。

他にはサーティワンアイスやドーナツだったこともあります。(3月はサーティワンとのこと)

得した感じがしますよね。
何となく。

すっごく恩恵を受けてる気がしますよね。
何となく。

何となく・・・

でも、そのサービスは通信料に含まれていることを忘れないでください。
タダではありませんよ、本当は。

Softbankだけでなくauも一緒、さらにdocomoも

また、ミスタードーナツに行った時にも長蛇の列に出くわしてしまいました。

買わずに出ました。
(ダイエット的には良かったですが(笑))

その時はauの三太郎の日でした。

そしてついにdocomoも同じようなサービスを始めると発表したそうです。25歳以下向けの「ハピチャン」です。

それって本当にお得??

そこで、私は格安SIMに詳し過ぎるFPとして活動をしていますので、削減した通信費で何杯牛丼が食べられるか計算してみました。

ここであるお客様Nさんの通信費削減シミュレーションシートを一部ご紹介します。

(青ラインがキャリア携帯のまま、橙ラインが格安SIMに変えた場合)

12ヶ月後は、約80,000円の差が出ます。
(このデータは夫婦2台でのパターンでした)

牛丼並盛が380円なので、約210杯牛丼が食べられます(笑)
(なので1人当たり105杯の牛丼が食べられる計算です)

しかも、1時間待ちの店舗もあったそうで。

私なら格安SIMにして、松屋で牛丼買います(笑)

格安SIMが気になる方はこちらをご覧ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま