数カ月ぶりにパーソナルシェフ&栄養士、私の友人でもあるとろみさんに自宅に来て頂きました。

もう一言でいうと、楽しすぎます!

そして冷蔵庫が「食の宝石箱や~」(彦摩呂風)になります(笑)

今回もお願いして本当に大大満足!でした。

おさらい「パーソナルシェフ」とは?
パーソナルシェフとはプロの家庭料理人です

パーソナルシェフとは、常に食べる人のことを思い、クライアントの体調や好みなどに合わせて、日々の料理をプランニング、食材の選択、心を込めてお料理をつくり、クライアントの、からだと心の健康をサポートするプロの家庭料理人です。

そのお料理は、おいしいという次元を超え、からだにいいというカテゴリーをも超えた、食べた人の精神を満たし、その人を幸せにする「いのちをつ くるごはん」をつくれる家庭料理人です。

と日本パーソナルシェフ協会HPに記載されていました。

とろみさんの最終ゴールは、私が以下のことを出来るようになることです。

・1週間分のストック
・時短技の習得
・家族の健康作り

長男が高校入学し弁当生活がスタートしました

前回のパーソナルシェフは2月にお願いしたのですが、今は長男も中学校を卒業して給食が無くなりました。
なんと高校はお弁当生活!毎朝作ってますよーー(苦)

早速私の作るお弁当にダメ出ししてくる長男。

昨日の弁当には、いなげやで買ったお惣菜チキンナゲットを入れたのですが、これ一旦冷凍していたんですね・・・。それがマズかったようで。冷凍したのもを解凍して私も味見したのですが、ヤバかったです(笑)

当たり前ですが残されました。
(お菓子やジュースが大好きな長男の味覚が正常とわかってホッとした部分もありますが)

こんなのを入れるのは私だけですかね?
(我が家の食生活の裏ネタを出している気分・・・)

というわけで、パーソナルシェフとろみさんの出張料理は首を長くして待ち望んでいたものでした(笑)

今回のメニューは

作り置きおかず14品プランをお願いしました。
(お弁当作りが楽になる~)

1.豚肉の味噌マヨ漬焼き
2.ぶりの照り煮
3.手羽元のオーブン焼き
4.チキンのトマト煮
5.ガーリックとんテキ
6.コールスロー
7.小松菜の煮びたし
8.にんじんカレーサラダ
9.ほうれん草ともやしのナムル
10.きのこ煮
11.味噌玉
12.ドライカレー
13.ごぼうの味噌炒め
14.田作り

ごぼうが余ったので
+15.ごぼうの炊き込みご飯

2時間半でこれだけの食事が作れました!!!

漬け液が大活躍。
とろみさんが調味料を調合してくれました!

あとは大きめのジップロックの袋!
これはマストアイテムです!

多彩な味の調味料を作れるようになったら、このお料理を簡単にリピ出来るようになるのかな、と思いました!

作った14+1品、一挙公開
料理中のガスレンジ台の様子

+1品の「15.ごぼうの炊き込みご飯」

この手法は経済評論家の勝間和代さんのロジカルクッキングを参考にしています!

14品をテーブルに並べてみました

じゃーん!!

当日の夕食メニュー

2.ぶりの照り煮
7.小松菜の煮びたし
11.味噌玉
13.ごぼうの味噌炒め
15.ごぼうの炊き込みご飯

翌日の夕食メニュー

1.豚肉の味噌マヨ漬焼き
6.コールスロー(プチトマトを添えて)
10.きのこ煮(めんつゆですまし汁風に)
13.ごぼうの味噌炒め
15.ごぼうの炊き込みご飯

忙しい皆さんに超おすすめです

もうルンバ並みに私の家事人生のマストアイテムとなりました!
気になる方は気軽に聞いてくださいね!

参考:前回のパーソナルシェフ体験!

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま
スポンサーリンク