通信費見直しアドバイザー・ファイナンシャルプランナーの寺澤真奈美です。

2019年4月にひとりで秋田青森へ行ってきました。
(2日目に弟と合流しているので帰りはふたり)
2泊3日の旅です。

この旅の目的は2つあるのですが、秋田編は友人に会いに、そして青森へは実父の納骨のために行きました。

2019年1月に実父が亡くなりました。

青森は、冬は雪深いので納骨はしないそうです。
春になってからお墓に行くとのことで、4月まで待ちました。

実父のことは、別の機会で書こうと思います。

そんなこんなで昨年の出来事を1年経った今、ブログに書くことにしたのは、やっぱり心の整理が出来ていなかったのだと思います。

今回は、秋田でお世話になった友人あっきーとの思い出を残すために記録します!

秋田編・みちのくの旅~2019春~

本当は10時台に秋田駅に着く予定が、まさかの寝坊でした。
電車が2本後になってしまいました。

モバイルSuicaで割引購入していたのですが、払い戻しして買いなおしたら、正規金額より少し高くなりました(笑)

朝の上野駅~こまち

新幹線乗換え口
この改札を通るのも新鮮です!

秋田新幹線「こまち」に乗車するのは人生初!
車両は7両

こういうのは萌えポイントですね。
(若干、鉄オタ気質です)

このボディがまぶしすぎです!
はやぶさにも乗りたい・・・。

こまちの車内は「あきたこまち」の稲穂が描かれています。
とても上品で、きれいな内装です。

盛岡からいよいよ秋田方面へ。
新幹線のスピードが在来線並みになったので、びっくりしながらも渓谷をゆっくり眺めることもできました。
車窓からでも写真がきれいに撮れます。

角館駅

秋田駅に到着

友人あっきーと合流
秋田犬やナマハゲも出迎えてくれました。

田沢湖

お蕎麦屋さんでランチ後、田沢湖へ。
余談ですが、私の昔の苗字は田沢でした。きっと東北にルーツがあるのですね。

せっかくなので記念撮影

秘湯鶴の湯温泉

乳頭温泉郷「秘湯・鶴の湯」
日本一有名な秘湯とも呼ばれています。
乳頭温泉郷の中で最も古い歴史を持ち、秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉。今なお警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」が残っています。

なんと混浴温泉もあります。
今回は女性用露天風呂に入りましたが、次回は混浴にチャレンジしたいです。
乳白色なので浸かってしまえば見えないです。

というわけで、超!!有名な温泉にテンションが上がりました。
入浴時間ギリギリに到着して、間に合いましたーー!

タイムスリップした感覚です。

雪と温泉郷がマッチしています。

こちらは宿泊もできるのですが、かなり人気のようです。
いつか泊まりたいです。

注意点としては、「鶴の湯に浸かる」だけです。
日帰り客用のドライヤーはなく、タオルは持参してください。鏡もないので脱衣所のみです。
身体を洗う目的での利用は、向いていません。

ますます秘湯感が漂いますよね・・・・・・。

温泉後、近くのカフェにてひとやすみ
ここでデニム調のエプロンを購入したのですが、今も自宅で使っています。

ババヘラアイス

道端にぽつんとパラソルが。
秋田名物ババヘラアイスでした。

ババさん「今日から販売開始した」とのこと。
なんてラッキーなのでしょう!

ババヘラアイス
ババヘラアイスとは、秋田県で露天販売されている氷菓であり、その販売形態です。
つまり、販売員を務める中年以上の女性(ババ)が、金属製の「ヘラ」を用いてコーンへ盛りつけることによる呼び名(笑)。幹線道路そばやイベントの会場近くにいます。出店時期は、春から秋にかけて。一般的には夏場に多く出店され、夏の秋田の風物詩となっています。

きれいなバラの形。
もしかしてバラ(薔薇)ヘラにしたかったのかな?

ババが販売しています。
とーっても肌が透き通るように真っ白でかわいらしいババでした。

2つ注文すると、色違いで作ってくれました。美しすぎる。

いろんなババヘラ会社があるそうですが、こちらは杉重冷菓のスタッフさん。
1個200円。安いです!また秋田に行ったときには食べます!

ババヘラを後にして、角館武家屋敷を通りました。
(このスポットがどこか忘れてしまったので、たぶん、そうだと思います)

夜は友人宅できりたんぽやたくさんのご馳走を頂きました!
カフェで購入したカップで乾杯

とても名残惜しい気持ちでしたが、翌朝、青森県弘前へと向かいます。
「特急つがる」

青森編へと旅は続きます。

今回の旅のルートは

今回のルートの距離と時間をGoogleMAPで調べてみました。
観光を考えている方の参考になればと思います。

秋田駅 → 田沢湖(所要時間1:15/距離68.9km)
田沢湖 → 鶴の湯(所要時間0:35/距離23.5km)
鶴の湯 → 武家屋敷(所要時間0:51/距離37.5km)
武家屋敷 → 秋田駅(所要時間0:52/距離48.6km)

秋田をほぼ横断しています。
乳頭温泉はなんと岩手との県境だったとは・・・。
次回は男鹿半島に行ってみたいです。

秋田県と青森県はとても広いです。
まだまだ観光スポットがたくさんあります。

また友人に会いに遊びに行こうと心に決め、この年の秋に大曲花火大会に行く約束をしていたのですが、2019年に来た大型の台風で電車は運休。
そして現在コロナで外出自粛。
でも状況が落ち着いたら必ず行きます!!

旅の続きはこちら
夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま