通信費見直しアドバイザー・ファイナンシャルプランナーの寺澤真奈美です。

2019年4月にひとりで秋田青森へ行ってきました。
(2日目に弟と合流しているので帰りはふたり)
2泊3日の旅です。

この旅の目的は2つあるのですが、秋田編は友人に会いに、そして青森へは実父の納骨のために行きました。

2019年1月に実父が亡くなりました。

青森は、冬は雪深いので納骨はしないそうです。
春になってからお墓に行くとのことで、4月まで待ちました。

実父のことは、別の機会で書こうと思います。

そんなこんなで昨年の出来事を1年経った今、ブログに書くことにしたのは、やっぱり心の整理が出来ていなかったのだと思います。

前回秋田編を書いたので、青森編に突入します。

青森前編・みちのくの旅~2019春~

秋田駅から青森県の弘前駅まで向かいます。所要時間は約2時間です。

秋田から弘前へ

あいにくの天気で雨が降っていました。
空がとても広くて、雲の切れ間も見られたり、幻想的でした。

平日の8時台と言えば、東京では通勤ラッシュですが、人がほとんど乗っていない状態。
東京に住む意味って何だろう、と思いました。

「八郎潟駅」を通過。
八郎潟(はちろうがた)は、秋田県にある湖で昔は琵琶湖の次に大きい湖だったそう。

本当は奥羽本線でなく、日本海側をぐるりと回る五能線に乗りたかったのですが、時間がなく東能代から内陸に向かいました。

「大館駅」は秋田ですが、だいぶ青森寄りです。

弘前でレンタカーを借りていたので、レンタカー屋さんに連絡すると「予約取れていない」と。
予約したレンタカー屋さんを間違えていただけでした。

弘前に到着

弘前は小学生の時に来て以来です。
(小3の時に両親が離婚したので、たぶん最後に来たのは小1か小2の頃かと)

スターバックス弘前公園前店

観光はノープランでした。
夕方に弟が新青森に着くのでそれまで何しようかな?と観光計画を練るためにとりあえず弘前城方面に向かったら、素敵なスタバが。

たまたま通りかかった時に「ここ寄りたい!」と思うほど感動しました。

このスターバックス弘前公園前店は、おしゃれなはずです。

なぜならば、登録有形文化財だったのです。1917年に陸軍師団長の官舎として建設された木造の建物だそうで、和洋折衷のデザインが特徴的。

スターバックスでは2店舗目の登録有形文化財への出店とのことでした。

店内もレトロで大正ロマンが漂います。
こんなスタバに出会えてよかった!

注文したものは、ロイヤルミルクティとアールグレイミルククリームドーナツ。

このドーナツは2019年4月11日に発売、食べた日は4月15日。

その後東京に戻ってからも、この日の事を思い出したくて、3回くらいは同じメニューをスタバで注文しました。
おかげさまで1年経った今も鮮明に覚えています。

全体像の模型
こちらは青森県立弘前工業高校の学生が作ったそうです。

スタバにて初めて青森の観光地を調べました。
今はネットで検索できるので本当に便利です。
GoogleMAPとGoogle検索に大変助けられました。
これが無ければ、知らない土地での移動は怖いくらいです。

夕方に新青森駅に到着しなければならなかったので、それに合わせて予定を立てます。

太宰治記念館「斜陽館」へ行こうと決めました。

もう少し拡大しても良かったのですが、青森の地図を理解するにはやはり津軽海峡と下北半島を入れないとわかりにくいですよね。

実は結構な距離があることがわかると思います。
もう少し拡大したものを・・・

今回のルートの距離と時間をGoogleMAPで調べてみました。
(観光を考えている方の参考になればと思います)

スターバックス弘前公園前 → 斜陽館(所要時間1:00/距離37.5km)

朝から雨模様だったため、道の左に見えるはずの岩木山がみえませんでした。

途中、道の駅つるたで小休止。

やっと斜陽館に到着しました。

ここで太宰治さんが育ったのですね。

とてもきれいに保存されています。
4月平日のため、観光客はほとんどいませんでした。

斜陽館見学はさらっと終わらせ、新青森駅に向かいます。

旅行あるある話ですが、距離を見誤るのです。

弘前市から五所川原市も結構な距離な上に、さらに青森市へ向かうという・・・

そしてこれはやってはいけないルートを選んでしまったのです。
(正直、一台も車とすれ違わない山道な上に、すれ違うのに大変であろう道でした。距離が短い&海が見たいだけで選択しました。)

斜陽館 → 新青森駅(所要時間0:47/距離31.5km)

(もっとかかった気がします)

弟と合流して、三内丸山遺跡へ!

こちらの施設は国立ではないのですが、気合の入った素晴らしい設備です。
もっとゆっくり回りたかったです。30分ほどで回りました。

実は私、学生時代に遺跡発掘調査をしていました。

昔描いた将来の夢は「考古学者&大学教授」だったのです。ちなみに博物館学芸員資格も持っています。

大型堀立柱建物

大型竪穴建物

ムラのすがた

これは美しすぎます。割らずに発掘できたのがすごいです!

この日は月曜だったのですが、弘前駅周辺の飲食店はお休みが多かったです。
観光される時は、お店の定休日にも注意です。

この店は駅近くの居酒屋「さかなや道場弘前駅前店

地場ものもあり、満足でした。

ご飯を食べた後は、本日の宿
星と森のロマントピアそうま」へ

ここは旧相馬村だったところです。施設はとても広く、遊ぶ場所も多数あるのですが、今回は寝るだけでした。

たぶん幼い頃に来たことがあると思います。

一日中天気が悪く、天文台にも行けませんでした。

翌日へと続きます。

今回の旅のルートは

今回のルートの距離と時間をGoogleMAPで調べてみました。
観光を考えている方の参考になればと思います。

弘前駅 → 弘前城(所要時間0:10/距離2.5km)
弘前城 → 斜陽館(所要時間0:56/距離41.4km)
斜陽館 → 新青森駅(所要時間0:48/距離31.4km)
新青森駅 → 三内丸山遺跡(所要時間0:12/距離5.7km)
三内丸山遺跡 → 弘前駅(所要時間0:48/距離41.9km)
弘前駅 → 星と森のロマントピアそうま(所要時間0:27/距離11.0km)

旅の続きはこちら
夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま