格安SIM・通信費見直しアドバイザー、ファイナンシャルプランナーの寺澤真奈美です。

現在コロナの影響もあって、さらに自宅で仕事をする機会が増えました。

パソコン内のフォルダーとファイルの整理をしていた時、
2019年6月に都内の某中学校で「働くということ」職業講話で登壇させて頂いた時の資料が出てきたので読み返してみました。

そういえばこの時の話をブログに一切載せていなかったので、1年前の話ですが振り返ってみたいと思います。

なぜ中学生に職業講話なのか

私たちの時代はなかったと思うのですが、現在は、中学2年生の授業に職場体験という実習があります。

中学校の近くの職場へグループに分かれてお仕事体験をするのです。

体験先としては、
例えば、保育園・幼稚園・スーパーなどの小売店・ 老人ホームなどの介護施設・ あとは地元の企業などです。

そういえば、長男も中学生の時に職場体験したことがありますが、何をしたか忘れてしまいました。

当時、長男の通う中学校のそばに次男が通う保育園があったので、そこも体験のひとつに選ばれていたのですが、長男に選んでもらえませんでした。

というわけで、職業講話とは、中学生に働くということ、職業のイメージ、などをつけてもらうための前座だったのです。

この話をいただいた時に、迷わずやらせてください!とお伝えしました。

職業講話で私が一番伝えたかったこと

経験が仕事になる!
たくさん何でも経験して!

世の中「失敗」はない!
失敗は負の遺産でなく、財産!

これに尽きると思います。

自分の経験から、中学生時代はとても視野が狭かったなと感じています。

世の中にこれだけの職業があるとは、中学生の時には知りませんでした。

私は両親がサラリーマンなので、職業といえば、サラリーマンと公務員くらいしか知りませんでした。

その後、自営業という存在も知ったのですが、就職の時に選択肢が全くありませんでした。

結果、大企業しか目に入らなかったのです。

中学生の子達には、

『就職したら一生そこにいなくちゃいけないというわけではない。自分のやりたいことが他に見つかったら、いつでも変更しても大丈夫なんだよ』

ということを伝えました。

もちろん、やりきることも大事ですが、先の見えない世の中で、柔軟性を持つことがさらに重要になるのではと思います。

私の経歴も暴露しました

将来の夢や目標がない中学生の方が多数だと私は思っています。

好きな事は大人になって見つけてもいいんだよ、というメッセージを込めて、私の経歴を暴露しました。

都立高校出身

中学生は高校受験を意識していると思いますので、私の出身校の偏差値をお伝えしました。

これ、偏差値70の学校です!と言ったら引かれますので(少数派なので)親近感が持てるような数値をお伝えしました。

こんな時、自分の学力が可もなく不可もなくコメントしにくい偏差値で良かったと思います!(同じ出身校のみんなごめんw)

一浪の末、やっと1校滑り込み

私は勉強がさほど得意ではなく、一浪して何とか地元の大学に滑り込みました。

そこもリアルに伝えました。

就職氷河期・保険会社営業に

とにかく名の知れた企業なら良いのでは?という安易な選択で、内定式数日前に滑り込みで、生命保険会社に就職。

しかし、3年目から完全歩合制で手取り18万→6万円になって、初めてこのままではマズいと思い、退職。

転職先は総合商社関連の会社に転職。(コールセンター業務でここでも保険会社へ出向)

結局ここも知名度で選んだのでした・・・。

派遣社員から正社員へ転換、10年勤務

独立する前まで直近で働いていた会社です。

新卒から何度も転職していますが、全部、「生損保」という共通点があります。

何気なく入った保険会社の経験がのちの仕事に役立った

まさか私がファイナンシャルプランナーとして独立するとは思っていませんでした。

滑り込んだ生命保険会社時代に勉強したFP資格が、のちの転職に大きく影響するとは・・・。

経験が活かせた仕事に就いている、まさにそんな状況です。

仕事のやりがい

中学生にこちらも伝えました。

仕事で楽しいところ

たくさんの場所に行き人に会えること、お客様の家計が改善して役に立てたと感じた時、全国・世界中の人と繋がれる、やらされ仕事がない!(笑)

こんな感じのプレゼン資料です。

仕事で大変なところ

まさにこの部分です。

値付け、宣伝、いつも仕事のことを考えている!です(笑)

でもその分、やりがいがあります。

最後にアドバイスと伝えたいこと

お金は感謝の気持ちです。

「ありがとう」
をお金で頂くことが働くということ。

経験が仕事になる!だから、たくさん何でも経験して!

世の中「失敗」はない!失敗は負の遺産でなく、財産です!

そして、たくさんの居場所を作って欲しい。

仕事は人とのつながり、そこから何かが生まれる。

自分には「特別な技能がない」と思っても何も出来ないわけでない、

そんな時は、周りの人の知恵を借りたらいい。

ヒントがきっとある。

今は中学校という狭い世界だけれど、世界にはたくさんの人がいる。

今の繋がりを大事にしながら、どんどん外に飛び出して欲しい。

自分の可能性を信じて行動して欲しい。

夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま