こんにちは。
通信費見直し・格安SIMコンサルタント、マネービジョンコーチのFP寺澤真奈美です。

新年3日目です。
今、新幹線で東京に戻っています。
新大阪始発に乗ったので、自由席ガラガラです。指定席グリーン車は満席ですが・・・。

ご存じない方にプチ情報です。

新大阪始発のぞみの見分け方
200,300,400番台が新大阪始発

年末年始は大阪帰省していました。なんと8日間も過ごしていました。
ゆっくり過ごさせてもらった夫の実家に感謝です。

そして大阪ではたくさんの友人に会いました。
数えるとなんと42人!
2019年もたくさんの友人を過ごせた年でした。

友人からもらったすごい言葉

さてタイトルの内容に戻りたいと思います。

大阪の友人とスタバで語らっていた時にもらった言葉です。

「70歳の自分が2020年に来たらって思うようにしたら・・・」

「体も今の方が動くよね」

「なんでもできそうな気持ちになる・・・」

私は先日10年パスポートの更新をしました。
もうパスポートは20年以上使ってません。

今年こそ海外に行きたいな、と思っていた時に言われたので、確かに70歳の自分は今より健康ではないだろうな、あちこち痛いだろうな、と思いました。

そうなると今行きたいところ、やりたいことを先延ばしにする意味もないな・・・

そう思いました。

何度も何度も心で繰り返しています。

子どもにイラっとした時に未来の自分が来たらどう感じる?

これを応用して、子どもたちにイラっとした時に心の中で

「私が70歳だったら、子どもの姿を見るだけで懐かしくて涙が出てしまうだろう」

「この時期を見られるのも今だけ」

「そもそも70歳って私、健康に生きているのか?」

「子どもに対してイラっとできるなんて一緒に過ごせている証拠。こんな幸せな時間に怒っているなんてもったいない」

「わーーーーかわいい!!!!」

こう感じたときに怒りがすーーーっと抜けて「今ここ」をしっかり感じることができました。

あーこの怒りの感情って本当に無駄!

70歳の私が見たら羨ましいって間違いなく思うはず。

そう思ったら、今の私は最高に幸せなんだな、と。

友人にありがとう。子どもにありがとう。自分にありがとう。

これって自分を俯瞰(ふかん)できたってことだよね。

素晴らしい言葉をくれた友人に感謝。

一緒に居てくれる子どもたちにも感謝。

気づいた自分に感謝。

そんな2020年の幕開けとなりました。

最高に素敵な1年が待っている。

今年1年をどう捉えるかは自分次第。自分の気持ち次第で最高にもなるし、最低にもなる。

私は最高な1年になると信じているので、必ずそうなる。

そして私の友人たちも最高の1年になります、絶対に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
夫(おうつまくん)のブログはこちら
応妻!妻の起業を応援するブログ-おうつま