つぶやき 自己紹介

ラジオ出演をきっかけに「わたし」を振り返ってみた

私の生い立ち

私の出身を、東京都青梅市と公表しているが、実は埼玉出身。

その理由は以下のとおりである。

埼玉県八潮市で生まれる、3歳ごろに草加市に引っ越し。その後小3の時に両親の離婚をきっかけに母と弟ととなりの越谷市に引っ越し。母の再婚を機に、東京の西側、青梅市に引っ越し、新しい父と4人の生活が始まる。そしてその後、高3の時に妹が生まれ、家族5人となる。

引っ越しが多かったので、そのたびに友達とイチからの関係性を築くことが、多く、早く友達を作りたい、仲良くなりたい、輪に入りたい、なんならその輪の中心になりたい!という思いが強かった。

自他共に認める明るい性格は、その経験から築かれたのかもしれない。

何度も環境を変化してきたため、どちらかというと変化のある日常を現在も好んでいる。

学生時代から社会人のころ

浪人して大学に進学。考古学や歴史に興味があったので歴史関連にかかわれる学部に進学。専攻はレコードアーカイヴズ、日本語訳は「歴史的資料」「古文書」。つまり、歴史的資料の保管や保存、管理することに携わる学問。

学生時代のアルバイトは、考古学好きが高じて遺跡の発掘調査員をしていた。土器にドキドキしていたのは内緒である。

卒業時には博物館学芸員資格を取得。

実は、歴史博物館での就職を希望していたが、就職氷河期(いわゆるロストジェネレーション世代)の真っただ中であったため、就職口が無かった。しかし、たまたま大学4年の9月にふらりと行った就職セミナーでとある女性に手招きをされ、吸い寄せられるように向かい、気が付いたら就職試験面接を受けていて、内定をもらっていた。

生命保険会社の営業職の仕事だった。

社会人1、2年目は給与はもらっていたものの、営業にかかる費用は自己負担、そして3年目から完全歩合制となり、月給が8万円になった時点で生活ができなくなり、やむなく退職。

その後、友人の紹介で入ったテレマーケティング(コールセンター委託運営)の会社に転職し、ここで初めて仕事の楽しさを覚える。

妊娠・結婚、そして母になる

遊びより仕事が楽しかった時期に、妊娠が発覚し、当時付き合っていた現在の夫と26歳で結婚。貯金0からのスタートだった。

ある日、激しい腹痛で職場で倒れ、お腹の赤ちゃんは無事であったが、切迫早産との診断で、そのまま休職、出産、産休、育休に入る。育休復帰時期に、長男の預け先問題、会社から育児中は重要な仕事ができないだろうという判断で、望まない降格させられたことをきっかけに、退職を決意。

その後、子どもを保育園に通わせながら、近所で損害保険会社のパート事務をはじめる。

それから、当時経験してみたかった派遣社員を経て、同じ会社の経理会計部門にて正社員として働き始める。

ずっと働き続けたのは、お金がないという不安。子育てに大きなお金がかかるということだった。

それと同時に仕事のやりがいを感じ始めてもいた。

第二子の誕生と大阪転勤

最初の出産から8年後に第二子、次男誕生。

長男小5、次男2歳で夫がイギリス留学し、大阪転勤。そして、子どもたちを連れて大阪に引っ越し。

会社員をしながら、縁もない大阪に住みながら、ワーキングマザーとして両立していたところ、自分の人生は「夫の転勤、こども中心で自分の軸はどこにいった?」「私がこの世に生きている意味は何?」「自分の人生を生きていないかも」「キャリアウーマンを目指していたはずなのに」「自分が好きな事ってなんだっけ?」と自分探しをはじめた。

何ができるかわからないけれど、いったん会社員から飛び出してみよう。それから動きながら自分がどうしたいのかきめていけばいいじゃないか、と思い17年の会社員生活にピリオドを打つ。40歳の出来事だった。

転換期と起業

会社員を飛び出すきっかけとなったのが、当時診断したストレングファインダー。

自分の才能を見つけ、自分の強みのもととなる資質を知ったところ、社交性・活発性・ポジティブ・着想・収集心が、経理会計部門に向いてないのでは、と気づきを得た。元々人とかかわることが大好きで、あちこちに行くのが好き、変化を常に求め、チャレンジしたい気持ちが旺盛。それなのに、現在いる場所が数字を扱う会計部門や書類管理。ずっと感じていた違和感がストレングを通して確信にかわった。

会社をやめてから、様々な人に会い、いつも違う場所に向かい、やらなかったことをやってみる。

コーチングを学び、この先どうしようかと考えた時、私はお金の話が好きだったことに気づく。節約・貯蓄体質が身についていたので、それをみんなに伝えていく仕事はどうか、と考え、私にはファイナンシャルプランナーの資格があったことにも気づく。商品販売をしない独立系ファイナンシャルプランナーとして活動することを決めた。

そして人生に迷い、人間関係に悩み、やりたいことに向かえない人、もっと自分の強みをいかしたい人を増やすべく、ストレングコーチ資格を取得。

お金の面で自由になる、メンタルの面で自由になる、どちらからもアプローチができるように、幸せを感じられる人をもっと増やしたいと思っている。

そして、お金と上手に付き合うため、知らなきゃ損をなくし、知って得を広める活動をしはじめる。

その一環として、家計の固定費の削減で、格安SIM通信費見直し相談を開くようになり、400人以上の携帯料金を見直している。

現在は、企業セミナー、新聞などの掲載、ラジオ出演、コラム執筆、個人のお客様の家計相談で、誰かの役に立つことを生きがいとしている。

© 2021 寺澤真奈美ファイナンシャルプランナー格安SIM通信費見直しアドバイザー Powered by AFFINGER5